れぼラボ♡クス個展「れぼラボ♡クスinナオ ナカムラ」


れぼラボ♡クス個展「れぼラボ♡クスinナオ ナカムラ

期:2014年3月19日(水)~3月23日(日) 15:00~23:00
※21日(金)15:00~29:00 オールナイトイベント開催
オープニングレセプション:21日(金)18:00~
会場:素人の乱12号店(東京都杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2F)



この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオ ナカムラ」では、れぼラボクス個展「れぼラボクスinナオ ナカムラ」を開催いたします。
れぼラボクス(=レボラボックス)とは、今年1月と2月に初個展を終えたばかりの、ひろせなおき(1987年茨城県生まれ)と毒山凡太朗(1984年福島県生まれ)の2人により創造された異空間です。
 れぼラボクスは、レボリューション(=革命)、ラボラトリー(=実験室)、(=ラブ)、ボックス(=空間)とそれぞれマニフェストを示すワードからなり、バイト漬けの日々に「もっとアートに寄り添える時間が欲しい」と若手アーティストなら誰もが抱えるであろう現実に対して同じ感情を抱いていました。
そして、無知ながらもアートのことだけを考えアートのこと以外考えない、また、いわゆる“アートの敷居の高さ”を塗り替えるため、素人ながらの柔軟な姿勢と勢いを武器に革命を起こすべく、現実と切り離した異空間「れぼラボクス」を3月1日に発足し、今回初の開催を迎えます。
本展覧会では、会場となる実験室で常に実験が繰り返され、人と人、人とモノ、モノとモノなどさまざまな化学反応により、結果として常に作品が創られ続けます。そして、その作品からさらに化学反応が生まれることで、リレーショナル・アート(関係性の美学)のような予定調和ではない連鎖が繰り返されるでしょう。展覧会最終日には、その集大成として会場とSNSにアーカイブ化される予定です。
れぼラボクスは、お越しいただいた皆さまに参加していただきはじめて成立する展覧会のため、会期中刻々と変化していく実験室に何度でも足をお運びいただければ幸いです。
また、21日(金・祝)は18時より翌朝29時までオープニングレセプションを開催いたします。
れぼラボクスという新たな実験室のこけら落としと、決意表明をこの機会にどうぞご覧ください。

アートって  すげぇって思った。
アートが  羨ましかった。
何がアートなのかってことは
よくわんねぇけど、、、。
 
2013年。
アートワールドに
ひろせなおきを打ち上げる。
過去を切り離した。
数ヶ月後
美術、、、、⁇
まじで、ド素人。
でも ボクは個展を開いた。
脳の歯車が狂い、快感を得た。
やっぱ、アートはすげぇ。
クソみたいな自分を
楽々と受け入れてくれやがった。
わかんねぇけど  やってみる。
れぼラボ♡クス  やってみる。
大好きなみんなと やってみたい。
嫌いなやつとも やってみたい。
ひろせなおき

個展も終わって、またいつもの生活。そしてアートの時間がなくなった……家に帰ったらひたすら眠るだけだから…
こうやってアートから離れていってしまうのか…そんなのイヤだ!!ずっとArtKidsでいたい!アインシュタインのように、おもしろそうな事に興味がある!
って事で、はじめた【れぼラボ♡クス】
意見や言葉は化合物。おもしろ化学反応起きないかなぁ  毒山にとってここはアート研究所。
実験的な試みで人と人、人とアートの関係のなかで新たなミステリーアートを生み出せないかな?
ミステリーパラダイムへのギアチェンジを模索する実験室。
毒山凡太朗
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿





ペットのおうち