金藤みなみ+GiliLavy展覧会「イスラエルから来たコロッケ」

展覧会名:金藤みなみ+Gili Lavy 展覧会「イスラエルから来たコロッケ
会期:201610日(土)-10日(月/祝
会場:素人の乱12号店
「ナオナカムラ」 東京都杉並区高円寺北 3-8-12
開場時間: 15:00-20:00  会期中無休  
6日(木)18:00- オープニングレセプション
入場料:無料(トークショーは有料)
作家:金藤みなみ、Gili Lavy
お問い合せ:nakamuranao19900715@gmail.com/080-4347-1887(展覧会担当:中村奈央)
ウェブサイト:http://naonakamura.blogspot.jp/

関連イベント
6日(木)19:00 トークショー 金藤みなみ+黒瀬陽平(美術家、美術評論家)
7日(金)19:00 トークショー 金藤みなみ+遠藤一郎(未来芸術家)
会期中毎日開催 イスラエルのコロッケ、ファラーフェルパーティー

「イスラエルから来たコロッケ」プレスリリース



この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオ ナカムラ」では、金藤みなみとGiliLavyによる展覧会「イスラエルから来たコロッケ」を開催いたします。
韓国で出会った日本人の金藤みなみとイスラエル人のGiliLavyによる初展覧会です
金藤みなみは、他者の思想にトランスフォームし、消費によって削られる装いを作品化しています。プライベートとパブリックを行き来し、イメージの構築されるプロセスを探ります。
パフォーマンス作品を得意としながら、絵画作品やインスタレーション作品などメディアにとらわれず多数発表し注目を集めています。
GiliLavyは、誰もが持つ家族間の問題や宗教間の問題、信心について作品化しています。フィクションとドキュメントを行き来し、プライベートな疑問と世界への問いかけとを緻密にリンクさせます。
絵画のように美しく小説のように創り込まれた視覚と聴覚に訴えかけるヴィデオインスタレーションを世界各地で発表し高い評価を受けています
2011年、金藤とLavyはお互いが留学先として訪れた韓国の美術大学である弘益大学校で出会いました。それぞれの国へ帰国後はそれぞれの作品を制作しコミュニケーションを続けてきましたが、金藤のある作品をきっかけに「他者のプライベートに一歩踏み込んだリアルな話」についてお互いに語ることが増えたと言います。
金藤はプライベートとパブリックのイメージを仮装で創造し、Lavyはフィクションとドキュメントをリメイクで創造し、それらのイメージを過去から現代へとパラダイムシフトさせる姿は、異文化の中に生きる2人ですが同郷であったかのような繋がりを感じさせます。
今展覧会では、金藤とLavyが日本とイスラエルのそれぞれの土地で制作したヴィデオインスタレーションをメインに構成し、鑑賞者が物語に一歩踏み入れるイントロダクションとしてコロッケのような中東の食べ物“ファラーフェル”が登場します。
金藤は今展覧会に向けて制作された未発表の新作を発表し、Lavyにとっては日本で初めてとなる待望の展覧会です。
日本とイスラエルのリンクする瞬間を描き出し、圧倒的な世界観をつくり出す金藤みなみとGiliLavyによる展覧会「イスラエルから来たコロッケ」をこの機会にどうぞご覧ください。
また、6日(木)19:00より本展覧会作家の金藤みなみと美術家で美術評論家の黒瀬陽平氏によるトークショー、7日(金)19:00より金藤と未来美術家の遠藤一郎氏によるトークショーを開催いたします予約不要入場料¥1,000

ファラーフェルはおいしい。
コロッケっぽいけど、脆くてぼとぼとと落ちる。
ピタパンにフムスをぬって山盛りに野菜を入れて最後にファラーフェルを入れてかぶりつく。
ぼとぼと落ちても気にしない。
私はパフォーマンスでずっと歩いてきたけれど、そうやって取りこぼして
誰かが落とした大事なモノをうっかり踏んづけてきたのかもしれない。
身体をモンスターに預けていてもアイデンティティーが私にのしかかる。
重くて心地いい、まるで人間の体重みたいに。
金藤みなみ


ファラーフェルひよこ豆等から作ったコロッケのような中東料理。団子状にして揚げることが多い。
フムスひよこ豆を調味したペースト状の料理。
ピタパン平たく円形のパン。

石井陽平+笹久保伸+前田ユキ展覧会「反逆する風景」

展覧会名:石井陽平+笹久保伸+前田ユキ展覧会「反逆する風景」
会期:2016年9月17日(土)ー9月25日(日)
会場:東京都品川区北品川2-25-17 TATARABA「ナオ ナカムラ」

京浜急行「新馬場駅」北口より徒歩5分
JR「品川駅」高輪口より徒歩20分
りんかい線「天王洲アイル駅」より徒歩10分
※高円寺ではありませんのでご注意ください
開場時間:11:00ー20:00(会期中無休)

※9月17日(土)のみ17:00ー22:00
17日(土)18:00- オープニングレセプション
入場料:無料
作家:石井陽平、笹久保伸、前田ユキ

お問い合せ: nakamuranao19900715@gmail.com  080‐4347‐1887(展覧会担当:中村奈央)
ウェブサイト:
http://tataraba-tataraba.jimdo.com/

http://naonakamura.blogspot.jp/

「反逆する風景」プレスリリース


この度、品川にありますTATARABA「ナオナカムラ」では、石井陽平、笹久保伸、前田ユキによる展覧会「反逆する風景」を開催いたします

繰り返し重なり続ける真実と虚実の反逆する風景に、私たちは踊らされ原風景を隠し、そうであってほしいという理想やそういうものだという独断と偏見の心象風景が、その対象を都合よく永遠のものにさせたり殺めたりしています

石井陽平は、プライベートで生まれる普遍的な愛をさらけ出すことで見る者に幸福感と気恥ずかしさを与えてくれる一方で、皮肉にも不幸があることで浮き彫りになる幸福がある残酷な真実に温かな眼差し向けることでの心に溶け込んでいき、表層に表れない忘れかけた大切な想いを優しく照らしてくれます。あまりにも多くの生き死にがあるこの世の中で、そのうちの一人にすぎなかった知人の思いもしなかった突然の死は、石井の中に永遠や当たり前がふと失われる瞬間、どうでもよくない、言葉ならない想いが溢れていくこと心づきました。
笹久保伸は、さまざまな信仰と歴史文化が根深く混在し、絹織物産業とセメント産業により繁栄してきた秩父という土地で、神の山の崩壊とそれらを取り巻く前衛性に日々眼差しを向けてきました。そんな絹織物はしなやかで艶があり繊細ですが蚕を育て蛹を殺して繭を紡ぎ、都会に建ち並ぶ無機質で冷たいコンクリートビルは神の山と崇められる武甲山を爆破してセメントを採掘し、人々の生活を豊かにする一方で暴力的に多くの犠牲を生んできました。笹久保はその土地に根づく郷土的で前衛的な文化を自らの足でフィールドワークしながらあくまで客観的にメタフィジカルに独特のリズムを奏でます
前田ユキは、歳を重ねるにつれて浮き彫りになる、想いを素直に吐露出来ないタブーに溢れる世知辛い日本の風潮に眼差しを向け、若者文化に生きるからこそ形成されるストレートな感情に寄り添います。2016年7月13日に天皇陛下がビデオレターで象徴としてのお務めについて10分58秒に渡る“お気持ち”を述べられました。前田が生まれるずっと前から生きてきた天皇陛下の存在は、同じように前田が生まれるずっと前から生きてきた祖父のような存在です。親しみを抱き一人の人間として慕うことの許されない不条理な現実は、象徴に対するリアリティの無さを若者のリアリティへとシフトさせます。前田が天皇陛下に代わり許されぬ“お気持ち”のデモを起こしているようです

今展覧会では、それぞれ未発表の新作をメインに、映像作品やドローイングなどの平面作品で構成します。
石井陽平は眼差しの先に映る対象への愛おしさを。笹久保伸は眼差しを向け続けた果てゆく対象へのレクイエムを。前田ユキは眼差しを向けられない閉ざされた対象へのリアリティを。それぞれに映る「反逆する風景」への眼差しを作品へと向けていきます。この機会にどうぞご覧ください

また、会場となるタタラバは今展覧会をこけら落としに作家のタタラ・タラが新しく品川にオープンしたスペースです。

【終了】笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」の第二弾に向けてのクラウドファンディング「¡¡EL PROYECTO DEATH ART EN MEXICO!!」ご支援のお願い

【終了】笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」の第二弾に向けてのクラウドファンディング「¡¡EL PROYECTO DEATH ART EN MEXICO!!」ご支援のお願い

この度は笹山直規と釣崎清隆によるクラウドファンディング「¡¡EL PROYECTO DEATH ART EN MEXICO!!」にご支援いただきました皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

2016年1月1日から昨日8月31日までの約8カ月間の募集期間を無事に終え、おかげさまで21名の方から¥625,000のご支援をいただくことができました。
当初の目標金額は、笹山と釣崎のメキシコへの渡航費と滞在費、帰国後にナオナカムラで開催予定の展覧会設営費等を含め¥1,000,000、今回の達成率は62.5%でしたが、多くのご支援をいただけましたことを心より感謝申し上げます。

支援金は、まず笹山と釣崎のメキシコへの渡航費と滞在費をメインに、大切に活用させていただきます。

渡航や展覧会に関する詳細など今後のお知らせは随時こちらでお知らせいたします。ご支援いただきました皆様にはメールにてお知らせさせていただく予定です。(クラウドファンディングの特典に関しましては、笹山と釣崎がメキシコより帰国後に改めてご連絡させていただきます。)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

【支援金¥625,000内訳】※随時更新
・往復航空券 ¥219,940(¥109,970×2人分)
・ESTA ¥1,400
(上記振込手数料 ¥432)
・滞在費 ¥300,000(¥150,000×2人分)
(上記振込手数料 ¥864)
残¥102,369


・9月30日-東京(成田)10:40発/ダラス(ダラス・フォートワース)08:15-10:45経由/メキシコシティ(JUAREZ)13:19着
・11月3日-メキシコシティ(JUAREZ)07:06発/ダラス(ダラス・フォートワース)11:02-13:00経由/東京(成田)16:50(11月4日)着
・旧市街のHOTEL ISABEL滞在予定(2人で1泊520ペソ)

トーキングヘッズ叢書No.67「異・耽美〜トラウマティック・ヴィジョンズ」の「TH RECOMMENDATION」内で、先日開催した笹久保伸個展「秩父前衛派」について、舞踏批評家の志賀信夫氏による展評が掲載されています。

7月28日発売のトーキングヘッズ叢書No.67「異・耽美〜トラウマティック・ヴィジョンズ」の「TH RECOMMENDATION」内で、先日開催した笹久保伸個展「秩父前衛派」について、舞踏批評家の志賀信夫氏による展評が掲載されています。

耽美とはそもそも、道徳的な社会通念よりも、その個人が勝手に思い込んだ「美」というものの方を価値が高いと信じる反社会的な思想であり、それゆえ、異端でもあります。
しかし昨今はその「耽美」という言葉も単に美を愛でることだけにも使われたり、少々安っぽくなったような?
耽美という表現は、あくまでも反社会的であり、それゆえトラウマを植え付けるほどの強度を持っているべきなのではないか、と思うわけです。
だから今回は、本来の耽美に立ち還る意味で、「異・耽美」特集。
そしてそれはすなわち、「異端・美」でもあるのです。

発行:アトリエサード
発売:書苑新社(しょえんしんしゃ)
発売日:2016年7月28日
価格:1,500円
http://www.a-third.com/top.html

美学校 外道のスゝメ修了展「生存指南」

 美学校 外道のスゝメ修了展「生存指南」
 
会期:2016年5月13日(金)~5月17日(火)
会場:素人の乱12号店「ナオナカムラ」  東京都杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2F 
開場時間:15:00~20:00(会期中無休)
作家:布施琳太郎・KUMA-CHANG・たるいしけんぞう
ディレクター:大谷芳之
イベント:オープニングレセプション 13日(金)18:00~
主催:美学校「外道ノスゝメ」1期生
協力:美学校・ナオナカムラ
お問い合わせ:tanakaalisa@gmail.com  080-4325-5717 (堀)
 
 
外道!!!我々は、この1年間、常軌を逸脱した刺激のインプットの中でドライブしてきた!その中で育まれた思想のバイアスは死や生を超越し、新たなる神の創造に向かっている!!我々は死を知らない!倫理や物自体の向こう側で、快楽さえかなぐり棄て、真の美のなかに潜む、現実とは別の、唯一無二の世界へアクセスするための道を探る!!!その地平に至るために、我々は、宇宙創生の輝き、ビックバンさえ超えた圧倒的輝きを放ちながら加速する!!我々は新たな美の術のための道を提示する!!!!
我々は仲間でも、友達でもない!!ただ、たまたま「外道ノスゝメ」に集まってしまっただけの赤の他人だ。だが、だからこそ我々は感じ、瞬時に理解したのだ!我々は、同じ時代を生きている!!!これは刮目しなければならない事実だ!!イマと比べれば、人類が積み上げてきた歴史などちっぽけなものだ。我々は歴史を殺戮し、新たなる道を作る!!!外道として!!!外道とは、卑劣で愚劣な者のことではない!!!仏教用語で、内道からハズれた者たち!!つまり、愚劣な大衆とは別の世界を!未来を!神を!信じきってしまった人々のことだ!!!!!我々は大衆とは異なり時間や歴史の渦中で生きてはいない。この退屈した世界に核を持って立ち向かう人間だ!!!ポストモダンも、グローバル化も完全に完了した世界!!そのような、境界のない新しい世界を整理し名指すような、哲学や社会学など愚の骨頂である!!この世界に産み落とされつつある新たなリアリズムを、我々はカタチにする!!整理をするな!もっと、もっとブチ上がれるハズだ!!世界は!!!!オレはオレさえ置き去りに加速する、地平の彼方で焼き切れ、消失するまで。これは新しい時代のサバイバルマシーンのための指南―――外道ノスゝメ!!!!!!!
「外道ノスゝメ」1期生
 
 
 本展覧会は美学校の講座、「外道ノスゝメ」1期生による修了展となります。外道のスゝメでは既存のアートに捉われないアウトローな表現の可能性について模索してきました。その成果を高円寺「ナオナカムラ」にて発表いたします。この機会に是非ご高覧ください。

笹久保伸個展「秩父前衛派」

笹久保伸個展「秩父前衛派」
会期:2016年4月20日(水)~4月26日(火) 13:00~20:00
オープニングレセプション:20日(水)18:00~

イベント:20日18:00より、笹久保伸+青木大輔=秩父前衛派によるライブパフォーマンスを開催
会場:素人の乱12号店(東京都杉並区高円寺駅北3-8-12 フデノビル2F)

「秩父前衛派 」プレスリリース


この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオ ナカムラ」では、オープン5周年を記念し、笹久保伸個展「秩父前衛派」を開催いたします。

笹久保伸は1983年生まれ。幼少期を南米ペルーで過ごし帰国後、母親の郷里である埼玉県秩父市に引っ越します。アンデス音楽を聴いて育ち、その影響を受けた笹久保は9歳からギターを習いはじめ、高校を卒業後、2004年から4年間、単身でペルーへ渡ります。そこでは、フォークロアをリサーチして、音楽のバックグラウンドにある人々の生活と、音楽が生まれて音楽が生きる生の現場を体感します。フィールドワークしたそれらを素材にし、これまでにない彼独自の新しい音楽を生み出してきました。また、帰国後2008年より、秩父という土地のもつ根源的な“前衛性”にフォーカスし、作品へとアウトプットする芸術運動「秩父前衛派」をスタートします。

これまでに20を超えるCDをリリースし数々の賞を受賞するなど国内外で活躍する傍ら、演出家の飴屋法水氏と批評家の椹木野衣氏による戯曲『グランギニョル未来』(2014/ヨコハマ創造都市センター)への出演や、『山形国際ドキュメンタリー映画祭』(2015/山形市)の日本プログラムへ出品、そして、『イメージフォーラム・フェスティバル2016』にノミネートされ、現在は『瀬戸内国際芸術祭2016』の小豆島エリアにて作品を発表しています。また、今展は笹久保にとって3度目の個展であり、ナオナカムラでは初個展になります。

関東地方に属しながらも周囲が山々からなる盆地で“どんづまり”と呼ばれるほど閉鎖的な秩父には、年間400以上ものお祭りや34ヶ所観音霊場が存在し、日本最古の貨幣である和同開珎が生まれ、日本史上最大規模の民衆蜂起である秩父事件が起こるなど、さまざまな信仰と歴史文化が根深く混在しています。また秩父の人々は、絹織物産業とセメント産業により生活してきました。

しなやかで艶があり繊細な絹織物は蚕を育て蛹を殺して繭を紡ぎ、無機質で冷たいコンクリートの塊は神の山と崇められる武甲山を爆破してセメントを採掘します。そして蛹を殺して繭を紡ぐ音や、神の山を爆破してセメントを採掘する轟音のリズムは労働する人々の民謡となって受け継がれました。経済を求めた結果が生み出した破壊と残骸の轟音は今も絶えず鳴り響き神の山を崩壊へと導いています。

笹久保は、その土地で生きた人々が丹精を込めて築きあげた郷土的で前衛的な文化に寄り添い、自ら奏でる表現へとインプットとアウトプットを繰り返しているのではないでしょうか。
本展覧会では、シルクスクリーンで制作された「秩父前衛派・図形楽譜」や図形楽譜を石板に刻んだ「ダイナマイト・トラヴァース変奏曲」をはじめ、8ミリフィルムで撮影された映像作品や未発表の写真作品などで構成します。
その土地独自に根づくカルチャーを自らの足で確かめ、フィールドワークを通じて“あくまで客観的でメタフィジカルに”作品化する笹久保伸の個展をこの機会にどうぞご覧ください。

笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」の第二弾に向けてのクラウドファンディング「¡¡EL PROYECTO DEATH ART EN MEXICO!!」ご支援のお願い

 詳細は画像をクリックしてご覧ください

https://tackk.com/pym3tc


当初4月に渡航予定でしたが資金不足のため、引き続き皆さまからクラウドファンディングでのご支援を募り、9月にメキシコへ渡航・来年春頃に展覧会を開催(予定)というかたちで企画の延期及び延長を決定いたしました。
そのため、募集期間を延長いたしまして8月31日まで本プロジェクトでのご支援募集いたします。

5.000円
■ サンクスレター + 展覧会招待券
10.000円
■ 5.000円の特典 + 展覧会プログラム(会場で無料配布)にお名前掲載(希望者のみ)
50.000円(先着10名)←先着8名となりました
■ 10.000円の特典 + 釣崎清隆がメキシコで撮った死体写真1点(大4切 279×356㎜)+ 笹山直規がメキシコで描いた死体スケッチ1点(F0サイズ 185×140㎜)

100.000円(先着5名)←先着1名となりました
■ 10.000円の特典 + 釣崎清隆がメキシコで撮った死体写真1点(全紙 457×560㎜)笹山直規がメキシコで描いた死体絵画1点(F6サイズ 410×318㎜)


【現在¥620,000】
プロジェクトへ資金提供して頂ける方は指定口座に入金後、nakamuranao19900715@gmail.comまで、お名前、入金日時、金額をお知らせ下さい。確認次第、こちらから返信させて頂きます。

みずほ銀行 新宿西口支店
普通 1073529  ナカムラ ナオ
※ 振込手数料は御負担頂きますようお願い申し上げます

トーキングヘッズ叢書No.65「食と酒のパラダイス!」の「TH RECOMMENDATION」内で、笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」について、舞踏批評家の志賀信夫氏による展評が掲載されています。

1月29日発売のトーキングヘッズ叢書No.65「食と酒のパラダイス!」の「TH RECOMMENDATION」内で、先日開催した笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」について、舞踏批評家の志賀信夫氏による展評が掲載されています。

食と酒で愉しむ
アート&フィクション!

西牧徹セレクションにより、
現代海外アーティストによる
食をモチーフにした一風変わった作品を
数多く紹介した他、
食品を使ってトリッキーな作品を生み出している
日本画家・服部桜子、
食に対する、嫌忌と欲望から生み出された
水彩画家・たまの作品などをピックアップ!
また、小説や映画、コミックなどに登場する
奇妙な食や酒の光景を解題&紹介。
料理研究家・上田淳子インタビューもあり。

発行:アトリエサード
発売:書苑新社(しょえんしんしゃ)
発売日:2016年1月29日
価格:1,500円
http://www.a-third.com/top.html

美術手帖2015年12月号「スターウォーズの芸術学」の「対談:卯城竜太×黒瀬陽平」内で先日開催した毒山凡太朗+キュンチョメ展覧会「今日も きこえる」について紹介されています。

11月17日発売の美術手帖2015年12月号「スターウォーズの芸術学」の「対談:卯城竜太×黒瀬陽平」内で先日開催した毒山凡太朗+キュンチョメ展覧会「今日も きこえる」について紹介されています。

ART OF STAR WARS
スター・ウォーズの芸術学


12月18日、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が封切られる。
1977年に初めて公開され、またたく間に大ブームを巻き起こした
『スター・ウォーズ』シリーズの最新作に、世界はまた熱狂する。
なぜスター・ウォーズの世界はこうも、人々を惹きつけてやまないのか?
本特集では、単なる娯楽映画を超えた『スター・ウォーズ』の芸術性を
さまざまな角度から解き明かしていきたい。
その壮大な宇宙の魅力を巡る旅に出よう。


出版社:美術出版社
発売日:2015年11月17日
価格:1,600円
http://www.bijutsu.co.jp/bt/

笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」

笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」
会期:2015年12月13日(日)~12月20日(日)      13:00~20:00
オープニングレセプション:13日(日)18:00~

イベント:13日(日)18:00~笹山直規+釣崎清隆によるアーティストトーク
会場:素人の乱12号店(東京都杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2F)

「IMPACT」プレスリリース

この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオナカムラ」では、笹山直規+釣崎清隆展覧会「IMPACT」を開催いたします。
今展覧会では、ネット上に溢れる死体画像から美を追求し描きおこす死体画家の笹山直規と、世界の最前線で死体から美をきり撮る死体写真家の釣崎清隆の2人による女性の死体にフォーカスした作品を発表します。ヴィーナスともされる女性の肉体はエロスとタナトスに寄り添う究極の美の象徴であり、死体になりバラバラになろうとも美しい風景として存在します。
笹山直規は、1981年生まれ。2004年より事故現場をメインテーマに、2005年に死刑囚の最後の食事を描いたシリーズなど事故や死刑囚、死体といった生と死をテーマに自作の水彩絵具で絵画を制作しています。
釣崎清隆は、1966年生まれ。1994年よりタイやコロンビア、メキシコなど世界各国の犯罪現場や紛争地域でこれまでに1000体以上の死体を撮影するとともに、映像作家や文筆家としても活躍しています。
惨事が広がる危険な場において死体と対話する行為は現実と真摯に向き合う儀式であり、一方でそれらは美術の本質を追求し回帰することにもリンクします。根源である命の誕生とその終わりに対して強まるレギュレーションとタブー視される今の日本で、あえて「女性の死体」というモチーフで美術の本質を問いただすことは、本来必然的なことなのではないでしょうか。
笹山直規と釣崎清隆による待望の2人展をこの機会にどうぞご覧ください。
中村奈央
 


【作家ステートメント】

「女性の死体」をテーマに死体写真家、釣崎清隆氏との2人展をナオナカムラで開催致します。
世界の美術史に於いて、女性の肉体は美の極地とされてきました。
ルネサンス期にはテンペラ画やフレスコ画よりも、さらに女性の肌の輝きを忠実に表現するために油彩絵具が開発されました。
女性の肉体(裸体)が至極のモティーフとして、今日まで様々な絵画、彫刻、建築物などに登場しています。
私はインターネット上に氾濫する死体画像を蒐集し、絵を描いています。交通事故の現場で女性の肉体は、まるで人形のように関節が逆に曲がり、日常を超越した不可思議な格好をしています。
絵画(アート)とは言い換えれば「ポーズ(構図)」の歴史であると私は解釈していますが、事故で偶然生まれた死のポージングに、今日的な新しい美の可能性を見出しました。
釣崎氏は、己の身の危険も顧みず世界中の犯罪現場、紛争地域などに出向き、芸術のために孤軍奮闘している稀有なアーティストです。
目も当てれぬ凄惨な現場から美を抽出するスタンスは、私自身の指針ともなっております。
そんな極北の表現を追求する両者の作品を通じて「芸術とはなにか?美とはなにか?」を問いなおす機会になればと考えております。 
笹山直規



ヌケメ、ひろせなおき、RYOTA MURAKAMI、中島晴矢、KEISUKE YOSHIDA、齋藤はぢめ、あいそ桃か、GOMESS、村井祐希による展覧会「前線」

ヌケメ、ひろせなおき、RYOTA MURAKAMI、中島晴矢、KEISUKE YOSHIDA、齋藤はぢめ、あいそ桃か、GOMESS、村井祐希による展覧会「前線」
会期:2015年11月6
日(金)~11月10日(火
) 14:00~22:00
オープニングレセプション:7日(土)18:00~

会場:
素人の乱12号店(東京都杉並区高円寺北3-8-12 フデノビル2F) 
参加作家ヌケメ、ひろせなおき(ひろせなおき×ヤマムラシオン)、RYOTA MURAKAMI(村上亮太)、中島晴矢、KEISUKE YOSHIDA(吉田圭佑)、齋藤はぢめ、あいそ桃か、GOMESS(GOMESS×田山百華/GOMESS×ナルコ)、村井祐希

「前線」プレスリリース
 
この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオナカムラ」では、ヌケメ、ひろせなおき、RYOTAMURAKAMI、中島晴矢、KEISUKE YOSHIDA、齋藤はぢめ、あいそ桃か、GOMESS、村井祐希による展覧会「前線」を開催いたします。
今展覧会では、1986年生まれから1995年生まれの次世代を担う20代の世代にフィーチャーし、さまざまなカルチャーシーンでオルタナティブに「前線」に立ち活躍する彼らの姿を紹介します。
ヌケメは1986年生まれ。ファッションをメディアに、コンピュータ刺繍ミシン上の刺繍データを破損させ、グリッチを発生させる「グリッチ刺繍」シリーズや、詩人で写真家の辺口芳典氏による言葉の提供から生まれた「ヌケメ帽」など他分野の作家とのラボレーションをメインに作品を多数発表しています。
ひろせなおきは1987年生まれ。ズバ抜けたフットワークの軽さとリサーチを重ね、ネットカフェやギャル文化などリアルタイムなニュースを作品へアウトプットしています。今回、ヤマムラシオンとコラボレーションし作品を発表します。
RYOTA MURAKAMI(村上亮太)は、1988年生まれ。幼いころから母親が手づくりしていた洋服を着ていましたが、小学校でバカにされたことから不登校になります。そんなファッションに対するコンプレックスからデザイナーを目指すもスランプに陥ったとき、ファッションへのバックグラウンドには母親と愛情の詰まった手づくりの洋服の存在があることに気がつきました。そこから、母親とのコラボレーションが始まります。
中島晴矢は1989年生まれ。現代美術家として展覧会では話題を集め、ヒップホップユニット「Stag Beat」ではラッパーとして観客を沸かせ、舞台では演者として何者かになりきります。何者でもないからこそ何者かへの憧れがあり、むしろ何者にもなれることを強みに自身と日本の社会を見つめ作品を発表しています。
KEISUKE YOSHIDA(吉田圭佑)は1991年生まれ。「日本の明るいのか暗いのかわからない青春の空気と、そこにいる彼らの装い」をブランドのコンセプトに掲げ、あのとき誰もが感じていた鬱屈とした気分や、今も覚えている甘く苦い想いをファッションへアウトプットしています。
齋藤はぢめは1992年生まれ。社会に存在するあらゆる揺らぎに怯え、その揺らぎは性別や世代といった型に当てはめることで方向を定め個人を確立していると考えます。型へのインプットと型からのアウトプットを自身の体験を交えながら映像におさめ発表しています。
あいそ桃かは1993年生まれ。自身や他者の伴うあらゆる「自意識」をテーマに掲げ、そのシステムやそのもの自身をアニメ調のキャラクターを通して平面やアニメーションなどに落とし込みます。
GOMESSは1994年生まれ。10歳のときに広汎性発達障害と診断され、いじめやひきこもりを経験します。コンプレックスを武器に変えることのできるヒップホップと出会い、社会に対する生きづらさや自身の存在を証明するためにラップで表現を追求しています。今回、田山百華とナルコの2人それぞれとコラボレーションし作品を発表します。
村井祐希は1995年生まれ。巨大な画面に対して、アッサンブラージュなど物質感を盛り込み、作品のもつ力や、無限の可能性を感じさせるほどのエネルギーに満ちた巨大絵画をメインに作品を多数発表しています。
また、ナオナカムラ(中村奈央)は1990年生まれ。美学校を卒業後、展覧会の企画や手伝いなどをしながら、東京の高円寺をメインとした展覧会スペース「ナオナカムラ」を開始しました。これまでに40近い展覧会を企画、開催しています。
 生まれたときから不景気でバブルを知らない私たちですが、そんな私たちだからこそ消費にとらわれることなく自由な生産を可能にし、社会に対して絶望に駆られることなく希望を探し抱けます。
2008年の世界金融危機で以前より保守的になり、停滞してしまったように感じるシーンやマーケットとともに2011年を生き抜いた私たちは今、メインストリームにフィットせずオルタナティブな動きへとシフトして新しいムーブメントをつくっている最中なのではないでしょうか。
既存のルートから外れることを恐れず自ら道を探り当て、常に「前線」で闘う20代の世代の姿を2015年の今この瞬間しか集うことのないメンバーとともに開催いたします。この機会にどうぞご覧ください。





ペットのおうち