釣崎清隆+笹山直規展覧会「Onces de la Noche」

展覧会名:釣崎清隆+笹山直規展覧会「Onces de la Noche」
会期:2017年5月13日(土)-21日(日)
開場時間:13:00-20:00 会期中無休
オープニングレセプション:13日(土)19:00-
入場料:500円 会期中何度でも再入場可能
会場:素人の乱12号店「ナオナカムラ」
東京都杉並区高円寺北3-8-12

「Onces de la Noche」プレスリリース

【関連イベント】
日時:5月20日(土)19:00~(開場18:00~)
会場:高円寺「pundit’東京都杉並区高円寺北3-8-12

登壇者】
釣崎清隆(死体写真家)
笹山直規(死体画家
 
ゲスト】 (敬称略)
ケロッピー前田 (身体改造ジャーナリスト)
石丸元(ライター・作家)
福田光(地下編集者)
曽根(小説家、編集者)齋藤恵汰(アーティスト)
中島晴現代美術家/ラッパー)
西田篤史(編集人)新聞女(アーティスト)


 料金:1,800円(2,000円)
( )内は前売り料金。飲食代別
ご予約:http//pundit.jp/events/2811/
お問い合わせ:090−2588−9905(担当:奥野)

この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオナカムラ」では、釣崎清隆+笹山直規展覧会「Onces de la Noche」を開催いたします。

はじめに、本展覧会の実現に向けて“メキシコ死体合宿”にご理解、ご支援いただきましたことに深く感謝申し上げます。
 
1994年より世界各国の犯罪現場や紛争地域で死体を撮影するとともに映像作家や文筆家としても活躍している釣崎清隆と、2004年より事故現場をメインテーマに自作の水彩絵具で絵画を制作している笹山直規による展覧会「IMPACT」(2015/ナオナカムラ)の第2弾として、2016年1月から約8か月間に亘り「メキシコへ行って死体と出会い、作品を作って日本で展覧会がしたい!!」という“メキシコ死体合宿”のクラウドファンディング「¡¡EL PROYECTO DEATH ART EN MEXICO!!」を立ち上げ、おかげさまで21名の方から625,000円のご支援をいただくことができました。

釣崎と笹山は9月30日から約1か月間、到着したその日の夜から毎晩のように現地のカメラマンや新聞記者など報道チームと共に人の死を待ち続け、一報が入る度に現場へ急行しました。
メキシコに生きる彼らは、麻薬カルテルによる見せしめの虐殺をはじめ、殺人事件や交通事故など死がより身近な社会の中で、どんな時でも食べて飲んで歌って踊る陽気な生のパワーに溢れています。

展覧会タイトル「Onces de la Noche」は、夜の11時と夜の11人というグループ的意味を併せ持ち、メキシコ滞在中に行動を共にした報道チームが使っているSNSのグループ名に由来します。彼らが死の現場にいち早く駆けつけるべく情報共有に欠かせないものでした。

今展覧会では、“メキシコ死体合宿”で制作された作品をメインに、滞在中に撮影された映像や新聞などの資料で構成します。
また、世界中の古新聞を使った作品を数多く手掛け、テレビ出演や雑誌掲載をはじめ、国内外問わず活躍している“新聞女”こと西沢みゆき氏をゲストにお迎えし、メキシコの新聞を使い今展覧会のために制作された作品も展示予定です。

人の死を待ち続け、惨事の現場に命懸けで踏み込んでいった釣崎と笹山の作品から、彼らの抱く緊迫感と高揚感のアンビバレントな空気を感じていただけましたら幸いです。
約8年ぶりにメキシコへ入った釣崎と、今回初めて親族以外の死を目にした笹山による展覧会Onces de la Noche」をこの機会にどうぞご覧ください。
 
また、展覧会初日である13日(土)19:00より釣崎と笹山によるアーティストトーク、20日(土)19:00よりトークライブハウス「パンディット」にて釣崎と笹山を登壇者に8名のゲストをお迎えして「メキシコ死体合宿・大報告会」を開催いたします。

 

齋藤はぢめ個展「Non Player」


展覧会名:齋藤はぢめ個展「Non Player
会期:2016年12月2日(金)-6日(火
会場:素人の乱12号店「ナオナカムラ」 東京都杉並区高円寺北 3-8-12
開場時間: 15:00-20:00  会期中無休
3日(土)18:00- オープニングレセプション
入場料:無料
作家:齋藤はぢめ
お問い合せ:nakamuranao19900715@gmail.com/080-4347-1887(展覧会担当:中村奈央)
ウェブサイト:http://naonakamura.blogspot.jp/

「Non Player」プレスリリース


この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオ ナカムラ」では、齋藤はぢめ個展「Non Player」を開催いたします。
齋藤はぢめは1992年神奈川県生まれ。他者との関わりを扱った映像作品や写真作品をメインに制作し、これまで多数のグループ展への参加やその中で賞を受賞してきました。
また、芸術支援の新しい可能性を実験的に模索するアーティスト組織「ARTISTS‘GUILD(アーティスツ・ギルド)」のメンバーでもあり、「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」(2016/東京都現代美術館)では、未成年のようにも見える少女がアルコール飲料をがぶ飲みする巨大なビルボード作品「CLEAR」を掲げ、イントロダクション的役割を果たし話題になりました。

「ありとあらゆる揺らぎに私は怯えている。その理由は未だはっきりとしない。」と齋藤は言います。
そして、その揺らぎは性別や世代、肩書やコスチュームといった既存のイメージである型に当てはめることで方向を定め、ブレのない個人を装い確立していると考えています。型へのインプットと、型からのアウトプットを通して内面化されていた価値や規範を再考し、そこで生まれる意識の変容を自身の体験を交えながら演出で可視化してきました。齋藤自身が出演する作品も多くあり、常にコミカルとシリアスが混在しています。

今展覧会タイトル「Non Player」はノンプレイヤーキャラクターに由来し、ゲームの世界においてプレイヤーをゲームマスターの作ったストーリーにうまく誘導するための存在であり、プレイヤーが操作しないキャラクターを指します。
自分の物語のプレイヤーは自分自身である前提において、他人にとっても物語のプレイヤーはその他人自身です。主役である自分にとっての他人の存在、あるいは他人にとっての自分の存在は単なるノンプレイヤーキャラクターに過ぎない輪郭のぼやけた曖昧で儚いものなのかもしれません。
美術家であるマルセル・デュシャンは、「されど、死ぬのはいつも他人ばかり」と遺しましたが、それはデュシャンの死を以って、デュシャンが他人へと変容を遂げる瞬間でもありました。
今展覧会では、未発表の新作を含む多数の新旧作品で構成し、学外では今展が初個展になります。
齋藤はぢめ個展「Non Player」をこの機会にどうぞご覧ください。







金藤みなみ+GiliLavy展覧会「イスラエルから来たコロッケ」



展覧会名:金藤みなみ+Gili Lavy 展覧会「イスラエルから来たコロッケ
会期:201610日(木)-10日(月/祝
会場:素人の乱12号店
「ナオナカムラ」 東京都杉並区高円寺北 3-8-12
開場時間: 15:00-20:00  会期中無休  
6日(木)18:00- オープニングレセプション
入場料:無料(トークショーは有料)
作家:金藤みなみ、Gili Lavy
お問い合せ:nakamuranao19900715@gmail.com/080-4347-1887(展覧会担当:中村奈央)
ウェブサイト:http://naonakamura.blogspot.jp/

関連イベント
6日(木)19:00 トークショー 金藤みなみ+黒瀬陽平(美術家、美術評論家)
7日(金)19:00 トークショー 金藤みなみ+遠藤一郎(未来美術家)
会期中毎日開催 イスラエルのコロッケ、ファラーフェルパーティー

「イスラエルから来たコロッケ」プレスリリース



この度、高円寺にあります素人の乱12号店「ナオ ナカムラ」では、金藤みなみとGiliLavyによる展覧会「イスラエルから来たコロッケ」を開催いたします。
韓国で出会った日本人の金藤みなみとイスラエル人のGiliLavyによる初展覧会です
金藤みなみは、他者の思想にトランスフォームし、消費によって削られる装いを作品化しています。プライベートとパブリックを行き来し、イメージの構築されるプロセスを探ります。
パフォーマンス作品を得意としながら、絵画作品やインスタレーション作品などメディアにとらわれず多数発表し注目を集めています。
GiliLavyは、誰もが持つ家族間の問題や宗教間の問題、信心について作品化しています。フィクションとドキュメントを行き来し、プライベートな疑問と世界への問いかけとを緻密にリンクさせます。
絵画のように美しく小説のように創り込まれた視覚と聴覚に訴えかけるヴィデオインスタレーションを世界各地で発表し高い評価を受けています
2011年、金藤とLavyはお互いが留学先として訪れた韓国の美術大学である弘益大学校で出会いました。それぞれの国へ帰国後はそれぞれの作品を制作しコミュニケーションを続けてきましたが、金藤のある作品をきっかけに「他者のプライベートに一歩踏み込んだリアルな話」についてお互いに語ることが増えたと言います。
金藤はプライベートとパブリックのイメージを仮装で創造し、Lavyはフィクションとドキュメントをリメイクで創造し、それらのイメージを過去から現代へとパラダイムシフトさせる姿は、異文化の中に生きる2人ですが同郷であったかのような繋がりを感じさせます。
今展覧会では、金藤とLavyが日本とイスラエルのそれぞれの土地で制作したヴィデオインスタレーションをメインに構成し、鑑賞者が物語に一歩踏み入れるイントロダクションとしてコロッケのような中東の食べ物“ファラーフェル”が登場します。
金藤は今展覧会に向けて制作された未発表の新作を発表し、Lavyにとっては日本で初めてとなる待望の展覧会です。
日本とイスラエルのリンクする瞬間を描き出し、圧倒的な世界観をつくり出す金藤みなみとGiliLavyによる展覧会「イスラエルから来たコロッケ」をこの機会にどうぞご覧ください。
また、6日(木)19:00より本展覧会作家の金藤みなみと美術家で美術評論家の黒瀬陽平氏によるトークショー、7日(金)19:00より金藤と未来美術家の遠藤一郎氏によるトークショーを開催いたします予約不要入場料¥1,000

ファラーフェルはおいしい。
コロッケっぽいけど、脆くてぼとぼとと落ちる。
ピタパンにフムスをぬって山盛りに野菜を入れて最後にファラーフェルを入れてかぶりつく。
ぼとぼと落ちても気にしない。
私はパフォーマンスでずっと歩いてきたけれど、そうやって取りこぼして
誰かが落とした大事なモノをうっかり踏んづけてきたのかもしれない。
身体をモンスターに預けていてもアイデンティティーが私にのしかかる。
重くて心地いい、まるで人間の体重みたいに。
金藤みなみ


ファラーフェルひよこ豆等から作ったコロッケのような中東料理。団子状にして揚げることが多い。
フムスひよこ豆を調味したペースト状の料理。
ピタパン平たく円形のパン。

石井陽平+笹久保伸+前田ユキ展覧会「反逆する風景」

展覧会名:石井陽平+笹久保伸+前田ユキ展覧会「反逆する風景」
会期:2016年9月17日(土)ー9月25日(日)
会場:東京都品川区北品川2-25-17 TATARABA「ナオ ナカムラ」

京浜急行「新馬場駅」北口より徒歩5分
JR「品川駅」高輪口より徒歩20分
りんかい線「天王洲アイル駅」より徒歩10分
※高円寺ではありませんのでご注意ください
開場時間:11:00ー20:00(会期中無休)

※9月17日(土)のみ17:00ー22:00
17日(土)18:00- オープニングレセプション
入場料:無料
作家:石井陽平、笹久保伸、前田ユキ

お問い合せ: nakamuranao19900715@gmail.com  080‐4347‐1887(展覧会担当:中村奈央)
ウェブサイト:
http://tataraba-tataraba.jimdo.com/

http://naonakamura.blogspot.jp/

「反逆する風景」プレスリリース


この度、品川にありますTATARABA「ナオナカムラ」では、石井陽平、笹久保伸、前田ユキによる展覧会「反逆する風景」を開催いたします

繰り返し重なり続ける真実と虚実の反逆する風景に、私たちは踊らされ原風景を隠し、そうであってほしいという理想やそういうものだという独断と偏見の心象風景が、その対象を都合よく永遠のものにさせたり殺めたりしています

石井陽平は、プライベートで生まれる普遍的な愛をさらけ出すことで見る者に幸福感と気恥ずかしさを与えてくれる一方で、皮肉にも不幸があることで浮き彫りになる幸福がある残酷な真実に温かな眼差し向けることでの心に溶け込んでいき、表層に表れない忘れかけた大切な想いを優しく照らしてくれます。あまりにも多くの生き死にがあるこの世の中で、そのうちの一人にすぎなかった知人の思いもしなかった突然の死は、石井の中に永遠や当たり前がふと失われる瞬間、どうでもよくない、言葉ならない想いが溢れていくこと心づきました。
笹久保伸は、さまざまな信仰と歴史文化が根深く混在し、絹織物産業とセメント産業により繁栄してきた秩父という土地で、神の山の崩壊とそれらを取り巻く前衛性に日々眼差しを向けてきました。そんな絹織物はしなやかで艶があり繊細ですが蚕を育て蛹を殺して繭を紡ぎ、都会に建ち並ぶ無機質で冷たいコンクリートビルは神の山と崇められる武甲山を爆破してセメントを採掘し、人々の生活を豊かにする一方で暴力的に多くの犠牲を生んできました。笹久保はその土地に根づく郷土的で前衛的な文化を自らの足でフィールドワークしながらあくまで客観的にメタフィジカルに独特のリズムを奏でます
前田ユキは、歳を重ねるにつれて浮き彫りになる、想いを素直に吐露出来ないタブーに溢れる世知辛い日本の風潮に眼差しを向け、若者文化に生きるからこそ形成されるストレートな感情に寄り添います。2016年7月13日に天皇陛下がビデオレターで象徴としてのお務めについて10分58秒に渡る“お気持ち”を述べられました。前田が生まれるずっと前から生きてきた天皇陛下の存在は、同じように前田が生まれるずっと前から生きてきた祖父のような存在です。親しみを抱き一人の人間として慕うことの許されない不条理な現実は、象徴に対するリアリティの無さを若者のリアリティへとシフトさせます。前田が天皇陛下に代わり許されぬ“お気持ち”のデモを起こしているようです

今展覧会では、それぞれ未発表の新作をメインに、映像作品やドローイングなどの平面作品で構成します。
石井陽平は眼差しの先に映る対象への愛おしさを。笹久保伸は眼差しを向け続けた果てゆく対象へのレクイエムを。前田ユキは眼差しを向けられない閉ざされた対象へのリアリティを。それぞれに映る「反逆する風景」への眼差しを作品へと向けていきます。この機会にどうぞご覧ください

また、会場となるタタラバは今展覧会をこけら落としに作家のタタラ・タラが新しく品川にオープンしたスペースです。

【随時更新】クラウドファンディング「¡¡EL PROYECTO DEATH ART EN MEXICO!!」のご報告

【随時更新】クラウドファンディング「¡¡EL PROYECTO DEATH ART EN MEXICO!!」のご報告

この度は笹山直規と釣崎清隆によるクラウドファンディング「¡¡EL PROYECTO DEATH ART EN MEXICO!!」にご支援いただきました皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

2016年1月1日から昨日8月31日までの約8カ月間の募集期間を無事に終え、おかげさまで21名の方から¥625,000のご支援をいただくことができました。
当初の目標金額は、笹山と釣崎のメキシコへの渡航費と滞在費、帰国後にナオナカムラで開催予定の展覧会設営費等を含め¥1,000,000、今回の達成率は62.5%でしたが、多くのご支援をいただけましたことを心より感謝申し上げます。

支援金は、まず笹山と釣崎のメキシコへの渡航費と滞在費をメインに、大切に活用させていただきます。

渡航や展覧会に関する詳細など今後のお知らせは随時こちらでお知らせいたします。ご支援いただきました皆様にはメールにてお知らせさせていただく予定です。(クラウドファンディングの特典に関しましては、笹山と釣崎がメキシコより帰国後に改めてご連絡させていただきます。)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
 
【支援金¥625,000内訳】※随時更新
・往復航空券 ¥219,940(¥109,970×2人分)
・ESTA ¥1,400
(上記振込手数料 ¥432)
・滞在費 ¥300,000(¥150,000×2人分)
(上記振込手数料 ¥864)
・展覧会会場使用料 ¥29,000
 
残¥73,369
 

・9月30日-東京(成田)10:40発/ダラス(ダラス・フォートワース)08:15-10:45経由/メキシコシティ(JUAREZ)13:19着
・11月3日-メキシコシティ(JUAREZ)07:06発/ダラス(ダラス・フォートワース)11:02-13:00経由/東京(成田)16:50(11月4日)着
・旧市街のHOTEL ISABEL滞在予定(2人で1泊520ペソ)




ペットのおうち